ゴルフを始めたいあなたへ4つのアドバイス

このサイトではこれからゴルフを始めたいという方のために最低限知っておきたいことをアドバイスをしています。

最低限のマナー

ゴルフは紳士のスポーツと言われるのはご存じでしょうか?
実際に他のスポーツよりもマナーを重んじるスポーツなのです。

このゴルフのマナーがあってこそ、周りも気持ちよくプレイが出来て、さらにスムーズに進めることが出来るのです。

ゴルフでは打ち方より先に
学ぶことがたくさんある。
初歩的マナーさえ知らず、
ボールをうまく打つことだけが
ゴルフだと誤解する人が多すぎる。


と言われるほどマナーが大事にされています。

でも、安心してください。そんなに難しい事ではありません。
大切なのは周りに迷惑をかけないようにするという事なのです。
  ここでは、そのための必要最低限のマナーをご紹介します。

ゴルフ場に着くまでのマナー

時間厳守
これはゴルフに限らず当然の事ですね。ゴルフ場へ行くという事は一緒に周る人も必ずいます。
時間に遅れると一緒に周る人にまで迷惑がかかりますので、必ず守りましょう。
      スタート時間の30分前には到着しておくことをお勧めします。
      ゴルフ場についてからも受付をしたり、着替えたり、ゴルフバックをカートに乗せたり、いろいろとすることがあるのです。
服装
ゴルフ場に入るのには決まった服装というものがあります。
まず、シャツは襟付きのものか、襟の高さのあるものにしましょう。
Tシャツやタンクトップではいけません。

またジーンズなどのデニムのズボンも不可。
ジャージなどは問題外です。
男性は基本的にはスラックス着用ですが、ハイソックスを着用すれば短パンでもOK。
女性の場合はキュロットスカートははいてもかまいませんが、極端に短いスカートは避けましょう。
また、ストッキングだけではなく、必ずソックスを着用するようにしてください。
          
基本的にゴルフショップで買った服装でしたら問題なく着用できますが、そうでない場合はお気を付け下さい。
道具
当然のことですが、道具を揃えておくことも大事なマナーです。
      せっかくゴルフ場に来ても道具が無ければプレイが出来ずに周りに迷惑をかけることになります。
これは、必要な道具の所にあるものをそろえておけば問題ありません。

コース上でのマナー

安全の確認
これはとても大事な事です。
ゴルフのクラブやボールはとても硬いので、当たると大ケガをする可能性があります。
プレーヤーはプレイを始める時や、練習スイングをする時には近くに人がいないか、クラブや、球や石、砂利、木の小枝などが飛んでいって当たりそうな場所に人がいないかどうかをよく確かめて行わなければなりません。

また、前の組のプレーヤーたちが球の届く範囲外に出るまではプレーを始めてはいけません。
万が一人のいる方向へボールが飛んでいった場合には「ファー」と叫んで気付いてもらえるようにしましょう。
プレイヤーがアドレス(構え)に入ったら声や音を出さない
これもゴルフが紳士のスポーツとされる所以かもしれません。
プレーヤーは常にコース上の他のプレーヤーたちにも心くばりを示すべきです。
どんな競技でもそうですが、ボールを打つ時には特に集中力を必要とします。
ゴルフでは、その集中力を乱さないように音を立てたり、しゃべったりしてはいけないというのがゴルフのマナーとなっています。
ですので、携帯電話などは電源を切るか、マナーモード(バイブもNG)にしておきましょう。
プレイは迅速に
ゴルフに行くとだいたい自分たちの組より後の組も回っています。
あまりにもペースが遅いと一緒に周る人はもちろん、後の組にも迷惑をかけてしまいます。
ですが、初心者のうち思ったようにボールを打てず、コース上のあちこち行くので時間がかかるのが普通です。
ですので、なるべく迷惑がかからないように走って下さい。 そして、クラブもカートに何度も取りに行かなくてもいいように、予め何本か持っておきましょう。 それが、初心者にとって重要なマナーなのです。 うまくなるまでの辛抱です。

グリーン上でのマナー

走らない
プレイは迅速にしなければなりませんが、グリーン上は走ってはいけません。
やってみると分かるのですが、パットはボールを転がすので、グリーン上の状態によって非常に左右されます。
ですので、ゴルフ場はとても繊細に整備をしています。
そこをスパイクを履いてる状態で走っていたら、グリーンはすぐに痛みますし、芝がえぐれてしまう可能性もあります。
そんなことになったら、後からプレイをする人に迷惑がかかります。
慣れるまでは、なかなかカップに入らず焦って走ってしまいがちですので、気を付けましょう。
人のラインを踏まない
人のラインというのは、ボールからカップまでのラインのことです。
前述したように、パットはとても繊細なプレイですので、そのラインを踏む事で転がり方に変化が出る可能性があるのです。
自分の事で精一杯かもしれませんが、これも気をつけて下さい。

バンカーでのマナー

砂をならす
出来るだけ入れたくはありませんが、プレイをしていればバンカーに入ってしまうこともあるでしょう。
バンカーは砂なので、痛めてしまうということはありませんが、中に入ると足あともつきますし、打てば抉れたりもするでしょう。
それをそのままにしていると、やはり後からプレイする人に迷惑がかかってしまうのです。
バンカーのそばには、必ず砂をならす為のT字型の道具がありますので、それを使ってならすようにしましょう。

リンク集