ゴルフを始めたいあなたへ4つのアドバイス

このサイトではこれからゴルフを始めたいという方のために最低限知っておきたいことをアドバイスをしています。

練習方法

何を始めるにしても、練習は必須です。
一般的には打ちっぱなしの練習場に行って実際に球を打って練習をします。(練習場によってはパターの練習も出来ます。)
しかし、その前にスイングやグリップの握り方を知る必要があります。
ここで、説明するのは、

以上の4つです。 どれも練習する上で必要な知識となりますので、是非お役立て下さい。

グリップの握り方

グリップはゴルフクラブとプレーヤーの唯一の接点です。
ですので、ゴルフを練習するにあたって一番最初にしっておかなければなりません。 初心者ほどグリップをおろそかにしがちで上級者ほどグリップは正しく握れているものです。
また、見る人が見れば握り方を見ただけでその人の技量がおおよそ分かる、とも言われているほどゴルフのスイングにおいて重要な要素を担っているのです。
ここでは、基本的な握り方をご紹介します。

グリップ1 グリップ2
左手の握り方


まずは左手の握り方ですが、上の写真のようにグリップの位置は、開いた左手の手の平(左打ちの選手は右の手のひら)の、人差し指の付け根から感情線に沿うようなイメージで合わせて、斜めに握ります。
握る時のポイントは、中指・薬指・小指の3本の指先を巻きつけるような感覚で握ることです。
そして、人差し指は引き金を引くようなイメージで、親指はクラブの中心線よりやや右側にくるようにして握ります。
このとき、親指と人差し指の付け根の間にできる「Ⅴの字」が、右肩を指していることを確認しましょう。


グリップ3 グリップ4
右手の握り方


右手の握り方
次は、右手です。まずは右手の手のひらの生命線あたりで左手親指を包み込むように手を添えて、右手の小指を左手人差し指の上にかぶせながら、右手の親指、人差し指、中指、薬指でクリップを握ります。
注意すべきことは、右手の親指と人差し指の間が大きく開かないようにすること。
イメージとしては、右手親指の腹と人差し指の内側でクラブを挟むように握ればいいでしょう。
右手親指は、シャフトの中央線よりもやや左側に置き、グリップをしっかり抑えます。その際、右手親指と人差し指の付け根にも「Ⅴの字」ができますので、その「Vの字」が左手の「Vの字」と同様、右肩を指していることを確認してください。

そして、両手を内側に絞るようにグリップを握ります。
しかし、ここで気をつけなければいけないのは、力んだり、必要以上に強く絞り込んだりしないことです。
強く握りすぎてしまうと、体が硬直して全体の動きも悪くなります。無駄な力が入らず、リラックスして握ることがスムーズなスイングにもつながっていきます。

『韓国代表監督が伝授する「正しいグリップの握り方」』より引用。)

スィングの仕方

さて、グリップの握り方が理解できましたら、いよいよクラブの振り方を説明します。 実際に振ってみる場合は、広い場所で、周りに人がいないか確認し、障害物などにもに当たらないよう危険がないようにしましょう。 ゴルフのスイングの一連の流れは、 アドレス →テークバック →トップ →切り返し →ダウンスイング →インパクト →フォロースル― ⇒フィニッシュ
で、構成されます。
まずは、下の画像でスイングをイメージしながら、説明をお読みください。

スイング
スイングの例

一般的なスイングの例です

『女子ゴルファーになろう!【初心者から始めるゴルフ入門講座】』より引用



ゴルフのスイングは、基本的に、頭頂から尾てい骨に続く背骨のラインをまっすぐにして、そのラインを軸として両手と腰、肩を回転させる。
この軸が、腰の回転中にぶれてはいけない。視線はずっとボールを見たまま。

肩の力を抜いて、クラブを軽く両手で握り、力を入れずに腰を回転させる。
この時に、肩を上から下に振り下ろす。
つまり、腰の回転と、肩の上下で、弾を打つことになる。決して、力を入れて打ってはいけない。
あくまでも、肩は上下するだけ、腰を軸に沿って回転させ、弾への視線を固定して、打つ。力は要らない。

このスイングのときに重要なのが、体重移動である。
バックスイングのときに右足に体重を持って行き、アドレスでやや右足に体重を載せるくらいにし、フォロースルーで左足に体重を移動する。
グリップの右手が奥なので、アドレスでやや右肩が下がる。
体重移動の練習は、バックスイングのときに左足を上げて、右足の更に右側に持ってくるようにしてバックスイングすると良い。
体重移動をコントロールすることで、弾の飛距離が伸びるのだそうだ。
(『女子ゴルファーになろう!【初心者から始めるゴルフ入門講座】』より引用)


はじめての練習場

初めて練習場に行く時は、出来れば経験者と一緒に行くことをお勧めします。
しかしながら、タイミングが合わず、なかなか一緒に行くことができず、一人で行く場合もあるでしょう。
ここでは、練習場での流れや注意点をお教えします。

受付
練習場に着いて最初にすることは、受付です。
練習場にもよりますが、この受付時に練習をする打席を選んだり、打ち放題なら時間を決めたりします。
基本的に、名前を書くだけで受付は完了します。
ボールをレンタルする
打席に着いたら、練習するためのボールをレンタルしなければいけません。
一般的には、ボールの自動販売機があり、受付で渡されるコインを使って手に入れます。
練習場によっては、打席に自動でボールが出てくる所もあります。
最初のうちは、100球も打てば十分です。
練習するクラブ
ゴルフで使うクラブはたくさんあります。
その中でも、コースを周る上で一番良く使われるのはアイアンです。
ですので、はじめは7番アイアンか8番アイアンの練習をおすすめします。
クラブは、長くなるほど打つのが難しくなります。
一般的なアイアンセットは5番~9番が入っている事が多いので、ちょうど真ん中あたりのアイアンが打てれば応用が利きやすくなります。
ドライバーで派手に飛ばしたい気持ちもあるとは思いますが、まずは、アイアンでスイングの基礎を固めて下さい。

家での練習方法

ゴルフの練習は練習場だけでなく家でも出来る事はあります。
家に広い庭などがあればもっとできることもありますが、
ここでは、場所を取らなくとも出来る基本的な練習方法をご紹介します。

素振り
これは、他のスポーツにも共通しますが、フォームを身体に覚えさせる為にはとても重要な練習と言えます。
しかし、悪いフォームのままでは悪いクセがついてしまいます。
ですので、はじめはゆっくりとスローモーションのようにでもよいので、正しいフォームを身につけて下さい。
パット
パターの練習はとても重要です。 派手さはありませんが、パットも同じ1打なので、大切にしなければなりません。 練習の為にマットを買うのもいいですが、わざわざ購入しなくとも家に毛足の短い絨毯があればそこでやっても構いません。 まずしておいた方が良いのは、目標に向かってまっすぐに転がす練習です。 距離に応じた力加減は、慣れてくればある程度はわかってきます。 その前に思った方向に転がせるようになっておきましょう。 練習の仕方ですが、壁に頭をつけたまま打ってみましょう。 この方法だと、頭を動かさずに打つ感覚をつかめると共に、スイングの軌道が壁に対して平行に打てているかチェックも出来ます。

リンク集